話題のビビーブは引き締め効果バツグン【膣のゆるみは治療で改善】

治療で悩み改善

座る女の人

コンプレックスは誰にでもあります。ですが、身体の悩みだと人に相談しづらいですし、恥ずかしいと思う方もいます。その悩みの一つとして、小陰唇の肥大が挙げられます。この症状は、大陰唇から少し見えている状態であれば問題はありませんが、これより小陰唇がはみ出ていると肥大しているといえます。このことを、小陰唇肥大と呼ばれており、デリケート部分が黒ずんでしまいます。また、摩擦によって痛みを感じたり、臭いがきつくなったりしてしまうのです。小陰唇肥大を起こしてしまう原因は、ホルモンに関係しているのではないかと考えられています。成長期や妊娠、加齢の際で起きやすくなる症状になります。臭いがきついと座る時に周りの人に気を使ってしまいますし、パートナーに気付かれてしまう可能性があります。この状態を改善するには、縮小治療を受けると良いでしょう。この施術を受けることによって、肥大した小陰唇のサイズが小さくなります。

性器は人によって大きさや色が異なります。他の方と比べても自分で判断することは難しいので、縮小治療ができる専門医で診てもらった方が良いといえます。専門の所で診てもらえれば、正確な診断結果を知ることができますし、適した縮小施術を受けることができます。中には診察をして小陰唇縮小治療が必要のないという方もいます。肥大しているのではないかと一人で抱えずに、医師に相談し診察を受けることができます。この治療は保険が効かない施術になりますが、肥大した小陰唇を改善する効果は高いです。